おむつモニタ―(排泄通知システム)おむつセンサー

おむつは高機能化されていますが、大便を吸収することは出来ません。早く大便を処置しないと皮膚がタダレて、褥瘡の原因となります。

  • ニオイセンサーで大便を、湿度センサーで小便を、温度センサーで布団内の温度を検出します。
  • センサーは小型でシーツの下に設置しまので、交換は不要です。
  • WIFIやLAN環境はなくても、長距離無線(LPWA)でセンサー情報を受信できます。(総務省許可製品)
  • 収取したデータはグラフ化し、1年間保存します。
  • 排便や排尿を知らせるセンサーのレベルは、個人毎に自動で設定します。
  • 取得特許2件です。
  • 国内初の技術です。

パンフレットはこちら


トレンドグラフの解説

  • 下図の青い線の湿度が下がっている個所は場所は青い矢印で示しています。この時間で布団を開いておむつ点検したことが分かります。
  • 水色の山は排尿を表し、茶色の部分は排便を表します。
  • 茶色の線はニオイを示します。オナラでは排便とみなしません。
  • 寝具内の内部の温度も見ることが出来ます。寝具内の温度は33度程度が安眠できる温度とされています。
  • 寝具内の温度が室内温度になっている場合は、センサ位置が適正でないことを示します。
おむつせんさーの動作グラフ
おむつセンサーは排泄があった場合に通知するだけでなく、便と尿が何時感知されたかを時間の経過で分かるようにグラフ化が重要です。

 

◆おむつモニタの設置には工事が不要です。

1.無線にWIFIを使う場合

  • WiFiの到達距離は見通し半径50m〜100m程度、ドアや壁で到達距離は極端に短くなります。
  • WIFIを使うシステムでは電波が到達させるためには複数の中継装置が必要です。
  • 中継装置の設置場所は電波の強度を測定して最適な場所を選定します。
  • 中継装置を設置する場所は電源が必要です。
  • WIFIの端末ごとにSSIDとpasswordの設定が必要です。

上記の理由で現地工事が必要となり、工事費と中継器の費用が必要です。

2.おむつモニターの無線の特徴

  • LPWAの到達距離は見通し半径3000m〜10000m程度、ドアや壁で到達距離は極端に短くなりますが、施設内では中継器なしで使用できます。
  • 館内WIFIが完備している場合はWIFIの使用も可能です。

上記の理由で工事が不要でユーザーサイドで設置も運用も可能です。

注意事項
  1. 防水シーツの下では使用できません。膝までの防水シーツを使用し、防水シーツの端にセンサーセットします。
  2. シーツ交換時にセンサーが移動する事がありますから、センサーケーブルをテープで固定する事をお勧めします。
  3. センサーは防水でないので濡れると壊れます。その時はセンサー交換すれば回復します。
  4. 夏場は寝具内にニオイが残るように、夏掛けのご使用をお勧めします。