恐るべき中国のIoT(忘れ物警報TAG)

 

Bluetooth Tag

これはスマホとこのタグが離れたら、スマホにアラームが鳴ると云う製品
小さくて軽いので財布の中に入れられる大きさです。

私はiPHONEで試したが良くできている。説明者が中国語と英語しかないので抵抗があるが、設定自体は簡単なので、何とか使える。
財布にこれを入れて置き、スマホだけを持って家を出るとスマホからアラームがでる。
反対にスマホを家に置いて、財布だけ持ち出すと、こいつが携帯を忘れているとアラームを鳴らす。

子供にこれを付けていたら、子供が離れるとアラームが鳴ると云う仕掛けです。介護の現場で入居者が無断で外出する場合等に使うには最高だと思う。

しかし、これも技適マークがないので正規には国内で使えない代物だ。確か100万円以下の罰金と5年以下の懲役になるはず

左のNUT MINIが$6.44、右のiTAGが$2.66

日本のamazonでも売っているnut miniが1790円から35600円
1790円は良いとしても、35600円はとんでもない値段だ。

amazonではこのような製品を売ってはいけないと規定には、記述されている。
しかし、このような技適マークのない製品は、Amazonでは沢山売られている。

こんな安くて便利なもので海外では普通に使われているものを日本で使うと懲役5年以下とは、総務省さん何とかしてください。世界に取り残されてしまいます。

 

コメントを残す

前の記事

IoT後進国日本