• 見守りシステムの概念

単身で高齢の親と離れて暮らす家族にとって親の安否は心配の種です。

老いていく両親も突然倒れることは少なく、それなりに非日常な現象が現れてきた後に発生する確率が高いものです。その傾向の一つが睡眠時間です。睡眠時間が短くなったり、長くなれば危険信号とで何らかの対応を考える必要があります。

また夜中に何回も起きたり、外出時間が変化する事も重要な信号です。 日ごろから、生活パターンを知り危険信号を事前にキャッチする事で、適切な対策を考えることが可能となります。

離れて暮らす高齢の家族はを見守るということは、現時点では元気で生活している状態ですが、歳を重ねると段々と衰弱していき、ある時点で、一人暮らしが困難であると判断しなければいけない時期が来る事を知るために見守りシステムを使うのです。

しかし、ケガや病気のように突然の緊急事態が発生することも有り得るので、その時も対応できる見守りシステムでなければいけない。

沢山ある見守りシステムも緊急時対応の製品が殆どで、健康を見守ることのできる見守りシステムは少なく、あっても非常に高額である事がが多い。長く使うものであるからよく検討して選ぶ必要があります。

高齢の家族に対しての見守りシステム

・外出する時や、毎日健康ですというボタンを押すような、何かを操作する事がない見守りシステムが良い。
・監視カメラは、親といえどもプライバシーで問題がある。
・高齢者は忘れることが当たり前でのため、何かを必ず携帯することがない見守りシステム。
・普段から使い慣れている電話や携帯はいざという時でも使えるが、まったく触ったことがない見守りシステムのボタンに、命を懸けることできない。

見守る家族に対する見守りシステム

・サーバに接続したり、グラフをじっくり観察することなく、短時間に状況判断ができる。
・いつでも何処でも高齢の家族の安否を確認できる。
・高齢者が12時間以上生活反応がbない場合は即座に知らせてくれる。
・見守りシステムの故障がわかる。毎日12時間事に連絡があると見守りシステムの健全性を確認している事にもなる。
・電池交換がない。いざという時に電池切れでは信頼性に欠ける。電池が長持ちをすることと反比例して機能が落ちるてくる。

毎日の健康状態がわかる見守りシステム

・毎日の睡眠時間がわかる。
・昼間も活動状況がわかる。
・食事や栄養バランスが分かれば良いが。

安価な見守りシステム

・見守りシステムの生涯費用が少ない。
・介護ヘルパの仕組みを利用すれば、高額なセキュリティ会社の駆け付けサービルを契約する必要はない。
・緊急時でも日本国内であれば、飛行機や新幹線を使えば、国内であればそんなに時間は要しない。

設置が簡単で工事がいらない見守りシステム

・インタネットを新たに契約することがない。
・設置はコンセントに挿すだけが良い。
・日本国中何処でも使える。
・小型で軽量である。