月額費用0円の見守りシステム

殆どの見守りシステムは通信料を含まない場合の金額です。
高齢者の見守り対象の家でインターネット設備がある家は非常に少なく、WIFIとか、通信設備は別途とかの記述がないかをよく確認する必要があります。

高齢者の見守りシステムの「元気です」は、インターネット装置を内蔵していて、それで月額0円を実現していいます。これは他ではありません。

–> 「元気です」は通信料金を含んで本当に無料

WIFIとか通信設備の記述がある見守りシステム

・インターネット設備がある事を前提にしているため、毎月4,5千円は必要なフレッツ光回線契約が必要です。しかし、都市部でも回線を引けない所が多い。
・VDSLは月額2000円程度で、電話工事が発生する。
・カメラは必ずWIFIが必要
・モバイルルーターでは24時間365連続運転は出来ない。回線が切れることがあり、そこからは、誰かが再接続しなければいけない。

パナソニックの見守りシステム

良くできたシステムで汎用性はあるが、高齢者を対象としたものではない。

拡大写真

洗練されたデザイン

上図はパナソニックの人感センサamazonでホームユニット9135円+人感センサ3163円で一見安くて格好が良いが、これもインターネット回線契約が必要で機能は単機能

–> 「元気です」はドコモ回線内蔵で高機能

月額レンタル料金の見守りシステム 

・1年で12倍、2年で24倍、3年で36倍、5年で60倍
・月額4千円が3年では14万4千円となります。

–> 「元気です」は無料

電話回線利用の見守りシステム

・市内の場合は 8円x30日=240円/月
・市街の場合は、かなり高額になる。
・KDDI:2016年6月30日をもって「メタルプラス電話」のサービス提供を終了
・NTT:電話サービスINSネットも2020年(平成32年)以降サービス終了予定

–> 「元気です」は使いません

毎日の連絡がなく緊急時のみ連絡する見守りシステム 

・毎日正常の連絡がないシステムは、緊急時に、電池切れ、コンセント抜け、故障等が有った場合は役に立たちません。
・毎日の通報は、見守りシステムが正常に作動していることの確証と、高齢者の見守り間隔と云う2つの目的を持っています。

–> 「元気です」は毎日2回連絡

人の動きを見ない見守りシステム 

・電気、ガスの使用量 –> 毎日の使用量のグラフを見て自分で判断する。季節や天気、外食などによりデータが変わるので、じっくり検討しないとわからない。所詮一定時間使用がないことを知る程度と考えた方が良い。
・トイレの開け閉め –> キチンとドアを閉めないと誤作動するし、トイレだけでは片手落ち、風呂場で倒れることも多い。これは一定時間トイレを使わないことを教えてくれる装置。
・ポットの使用回数 –> ポットを使わない季節もあるし、ポットを使った回数で健康状態はわからない。
・毎日見守り装置のスイッチを押す –> 高齢者に毎日決まった時間に決まった操作を強要することは無理とわかっている。

–> 「元気です」は人の動き感知

センサーが沢山要る見守りシステム 

・トイレに何分、台所に何分、寝室に何分、居間に何分、そんな細かい監視をされてはたまらないし、価格が高くなるのでそこまでは要らない。
・ドアセンサでトイレの開閉回数と時間、各部屋の人感センサでどの部屋に何時何時間滞在、温度センサで室温計測、してデータベースに入れ診断する。

–> 「元気です」のセンサは1個だけで睡眠時間、夜のトイレ回数、外出が推定できます。

サーバを見る見守りシステム 

・煩わしい。メールで一言「元気です」で十分。
・セキュリティがしっかりしていないと不安。

–> 「元気です」はメールで完結

新聞

・新聞が何日もたまっている場合は、もう手遅れです。

–> 「元気です」は連続監視。12時間生活反応がない場合は緊急対応

緊急押しボタンのある電話機の見守りシステム

緊急押しボタン付き電話拡張装置

・電話機としては有効?、見守りには無能。
・緊急押ボタンは押せても、普通の電話機の短縮ボタンは押せないケースなどあり得るのだろうか。(まずは家族、知人、ヘルパ、医者、119救急車などに電話する)
・駆け付けサービスのある警備会社系、年間何回駆け付けが必要かを考えると見守りだけでは高すぎる。(物を置いた、誤って触った等殆ど誤報。自治体が何千台、何万台を配った所もあるようだが、役に立ったことはないだろう。)
・一度も使ったことのないボタンに、命を懸ける人はいない。

GPS付きの携帯電話の見守りシステム

・携帯電話の使える高齢者にとってこれは優れた見守り装置と入れるが、電話を持ち歩かない人や、外出しない人には普通の電話機と同じ程度の役割しかない。

GPS付きの見守り装置の見守りシステム

・大手の警備会社で販売している。一見よさそうな装置だが、高齢者が携帯の他に似たような見守り装置を持ち歩くことはありえない。今の携帯電話はGPS付きなので、設定さえしておけば同じ機能は無料で使える。

 

「元気です」のその他の特徴

・睡眠時間が報告されます。
・12時間生活反応がない場合は、緊急メールを送信します。
・緊急送信メールのボタンがあります。

・夜中のトイレの回数が分かります。
・昼間の外出が推測できます。
・取付が簡単です。
・タバコと同じサイズです。
・安価です。