見守りシステムの進化とIoT

見守りシステムの進化

2015年以前の見守りシステムは、高齢者の家に設置されたセンサーから、サーバにデータを送り、サーバでデータベースで情報を管理し、そこから統計データを得て、WEBで公開するなり、メールを送るなどしていました。

しかし、スマホの出現で見守りシステムも一変しました。
スマホの性能の向上は凄まじい勢いで進化していることは誰にでも感じています。実は見守り装置もスマホの技術を応用することで凄まじい進化を遂げているのです。

ガラケー見守りシステムとスマホ見守りシステム

スマホの出現前と出現後の見守りシステムは、ガラケーとスマホの違いがあります。

上で説明したサーバの役割の全てを、スマホ見守りシステムは自身でやってしまう能力があります。その効果は以下の通りです。

  • 高性能な見守りシステムとなる。
  • 製造コストを下げることができる。
  • 小型軽量にできる。
  • 高度のセキュリティ対策ができる。

スマホ見守りシステムはIoT

スマホ見守りシステムは、まさに全て物がインターネットにつながる(IoT)技術を活用した製品です。

今後は予想できない位に進化した見守りシステムの出現が現れて来ることでしょう。

 

コメントを残す